寒記亭日記

日々の事を色々

お引っ越し

https://note.mu/awara3 HTTPS対応を鑑み、お引っ越しすることにしました。ではでは。

過去の亡霊

朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ 我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス 爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博󠄁…

ゴジラの上にたゆたうもの

シン・ゴジラを見て,ゴジラに何を投影するかというのは見た人が自分の内側にあるものを語るに等しい。だから,原発を恐れている人はそこに原発を見るだろうし,有事を意識している人はそこに戦争を見てしまうだろう。 それは優れた表現によって引き出された…

境界のないセカイ―あるいは境界のある世界

第三巻が発売され、早速購入し読み終えた。「性別を選んで変えられるセカイ」においける、三つの物語はここに終わり、後に残された私はこの三巻を通じて思ったことを書いていきたいと思う。 当然ながらネタバレしかないので、自らの楽しみとしたい未読の方は…

江戸しぐさの終焉

江戸しぐさの「正体」を示した前著から一年半が経過した。この本が嚆矢となり「偽りの伝統」が社会に入り込み、蔓延ろうとしていた状況は徐々に変わりつつある。 「江戸しぐさの終焉」では、この江戸しぐさなるものがどのようにして社会に広がっていったのか…

捏造の科学者 STAP細胞事件

科学における不正行為について、まず私が脳裏に浮かべるのはヘンドリック・シェーンによる高温超伝導研究、世に言うシェーン事件である。 シェーン事件はこれまでよりもずっと高い温度での「高温超伝導」を可能にしたという論文が、すべて虚偽だったというも…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

今月からドラマ化作品も始まったマンガを紹介したい。 「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」は、これまで様々な取り上げ方をされてきた「医療分野」のマンガである。古くは手塚治虫の「ブラックジャック」があった。天才的外科医だが無免許医ブラックジャ…

論文捏造 (中公新書ラクレ)

論文捏造 (中公新書ラクレ) 作者: 村松秀 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2006/09 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (72件) を見る この本は,高温超電導において次々と画期的な,世界を一新するような成果をあげたと…

忙しいので雑に

核のごみを無害化 「常温核融合」の遺産を利用www.nikkei.com という、何周遅れだよという記事が日経に掲載されたのですが、ふと思い立ってこの記者さんの名前で検索をしてみた。 太陽光を100%電気にする太陽電池www.nikkei.com http://newenergytimes.com/…