寒記亭日記

日々の事を色々

過去の亡霊

朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博󠄁愛衆ニ及󠄁ホシ學ヲ修メ業ヲ習󠄁ヒ以テ智能ヲ啓󠄁發シ德器ヲ成就シ進󠄁テ公󠄁益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵󠄁ヒ一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン

斯ノ道󠄁ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺󠄁訓ニシテ子孫臣民ノ俱ニ遵󠄁守スヘキ所󠄁
之ヲ古今ニ通󠄁シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕󠄁爾臣民ト俱ニ拳󠄁々服󠄁膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶󠄂幾󠄁フ

 教育ニ関スル勅語 - Wikipedia

 

これ、ざっくり全体を訳すと…

 

私が思うに皇祖皇宗が国を建てたのははるか昔のことであり、徳は深く厚く積んでいる。私の臣民は忠義・孝行を良く守り、一丸となって代々この美徳を為してきたのは我が国体の精華であり教育の根源もここにある。

臣民は父母に孝行せよ、兄弟仲良くせよ、夫婦は互いに睦み、友とはお互いに信じあい、自らは控えめに振る舞い、多くの人に対して博愛の心を持ち、学問を修め、業を習い、それによって智能を啓発し、徳を高め、それにより公益に貢献し世の勤めを果たし、常に国憲を重んじ、国法に従い、何かあれば義勇(正義、勇気)を公のために奉じ、それにより果てること無い天皇の勢威(あるいは皇室の命運)を助けなさい。これは、ただ私一人のための忠良の臣民であればよいということではなく、祖先の威風を褒め称えることにもなる。

これは我が皇祖皇宗が遺した教えであり子々孫々臣民が遵守すべきものである。これを古今通じて誤ることなく、国の内外に対しても背かず、私は臣民とともにこれを忘れず、この徳を皆と一つにしようと思う

 

くらいですかね。この一部分だけを切り出せば「現代でも通じるじゃない」になるとは思います。ただし、重要なのは「その徳目を守ること」がなんのためか、です。

 

一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ

 

他にも文中で繰り返しでてくる「臣民」という呼びかけもそうですが、これが何をもたらしたのか。明治・大正・昭和初期において、この教育勅語が何を生み出したのか。それを知らずに、一部分だけ切り出し読んで「いいことじゃないか!」と、現代の政治家が教育において「教育勅語」を持ち出す意味を否定するのはやめたほうがいいと思いますね…